osusume60の日記

60歳以上におすすめ小学校、必読たのしいシニア参考書。

青空の下、青いノヴァーリス。

f:id:osusume60:20191008143020j:plain

デルフィニュームや忘れな草、アンチューサ、ベロニカ・・・ほか青い花はたくさんありますが、青いバラはないといわれています。
そもそもバラには青の遺伝子がないからだそうですが、2010年 ドイツ コルデス社作出で、小説「青い花」の作者の名前からつけられたというノヴァーリスは紫系青バラといわれているものです。

秋の青空の下、我が家の庭にもノヴァーリスが咲いています。渋い薄紫の色合いが美しく、花びらのてっぺん部分が突起しているのが特徴です。強靭で花期は長く、今なお咲いてくれています。

今年は雨が多くて、特に梅雨時はせっかくの蕾が腐ったり、花びらの多くが茶色になったりしました。
誰が見ても珍しい色なので、一枝切って人にあげたいなと思うのですが、花びらに傷が入っていると、やはりこちらが遠慮してしまうことに。
そんなふうで、今年はあまり花瓶に生けることがなかったノヴァーリスでした。