osusume60の日記

60歳以上におすすめ小学校、必読たのしいシニア参考書。

だから、心を込めて歌いたい。

11月10日のコンサートを目前にして私たち混声合唱団は、今日の練習が総仕上げ。そのあとはコンサート前日のゲネプロを残すのみとなりました。毎年歌う楽曲の中で、特に印象深く心に響く歌がいつもあるのですが、今年はMiyabi 作詞、村松崇継 作曲「いのちの…

遊覧カートで紅葉見物する人。

八ヶ岳は今、紅葉の秋を迎えています。今年は雨が多かったせいで紅葉はあまり美しくないと思っていたら、ここにきて鮮やかさを増してきました。家の前の道沿いのモミジも、今、見頃です。車で1,2分の八峯苑鹿の湯へ行くと、駐車場は車でいっぱい。このホテル…

秋の空、青空と夜空。

真っ青な秋晴れの空に、白い飛行機雲が走っていきます。先端には銀色に輝く飛行機の形もくっきり。お天気はいいですが空気はひんやりしています。今日から3連休で、別荘の人たちもやってきて紅葉の八ヶ岳を楽しんでいるようですが、アルジとツレアイはどこか…

夏色の向こう側。

八ヶ岳はこれからだんだん紅葉が深まっていきます。 我が家の庭でもジューンベリーやモミジ、桜などが紅葉してきましたが、デッキから写真を撮ったら、バラの緑の葉と花が混在していました。 赤紫のバラはラプソディーインブルー。夏色と秋色が1枚になったよ…

笑って春を迎えるために、藁。

昨日は一日、ここ八ヶ岳南麓にも雨がよく降りました。千葉、福島、宮城ではまたも川の氾濫や土砂崩れがあったり各地で大きな被害になっています。 雨を避けて、今、我が家の車庫には車の代わりに藁が置いてあります。先日、お米を作っている農家さんから分け…

とりあえず緑のカーペット。

久々のいい天気です。アルジ苦心の芝生もどうやら落ち着き、緑が太陽に照らされて美しく見えます。とりあえず、まるで緑のカーペット。部屋に射し込む陽射しが心地良いのと同じように、芝生に伸びる木陰より暖かい日向のほうがいい気持です。天皇陛下即位礼…

家の前の林の中で、ダンコウバイの紅葉がパッと明るい風景を見せてくれるようになりました。紅葉といっても黄色の紅葉です。紅葉と書いてモミジとよんだり、黄色に染まっても紅葉というように、日本の風情の表現は多様です。 日曜の昼に、お蕎麦やさんに入っ…

あの子はだあれ、だれでしょね。

もう1ヶ月近くになるでしょうか、庭の真ん中あたりに濃い赤の花穂が何本も咲いています。密集して咲くわけでなく1本1本が適度な空間を開けながら咲いていて、なかなかオシャレな雰囲気で私としては気になります。あの赤いの、なあに? と、アルジに聞きます…

触るだけで若返るローズマリー。だと、いいな。

デッキに置いていた鉢植えのローズマリーは、9月終わり頃から紫がかったブルーの花が咲きだしました。細い葉っぱを触ると、手に強い香りが残ります。 若返りのハーブとしても古くから重宝がられているローズマリーは料理、美容、薬用、芳香など様々に使われ…

となりのメキシカンセージ。

お隣の庭には数年前からメキシカンセージが年々大きくなって咲き乱れています。咲く花が少なくなるこの時期に、鮮やかな赤紫色がパッと目立ちます。耐寒性のあるその成長力を聞いて、標高1240mの我が家の庭にも昨年、苗を植えたのですが消えてしまいました。…

秋のレディーマーマレード。

ひんやりした空気の中、咲く花の種類が少なくなり、淋しくなった秋の庭では四季咲きのバラたちが目を楽しませてくれています。やさしいアプリコット色で、カップ咲きの花の中に丸い蕾が開いて珍しい姿を見せているのはレディーマーマレード。2014年ローズオ…

何もないことのありがたさ。

千曲川、多摩川、阿武隈川をはじめ21河川で堤防決壊、そして土砂崩れなどで甚大な被害をもたらした台風19号。 日を追うごとにその被害が計り知れないほどの大きさで、まだ全容がつかめないということですから、今回は特に水の恐ろしさを改めて見せつけられま…

台風避難。

大雨をもたらした台風19号襲来で、昨日からテレビでは刻々と各地の台風情報が流れています。千曲川、多摩川、阿武隈川が決壊し、朝から水に浸かった家々の悲惨な状況を目の当たりにし言葉を失います。 八ヶ岳南麓のここでは、昨日、緊急避難勧告が度々スマホ…

嵐の前の赤いブーケ。

大型台風19号がやってくるということで、日本列島は戦々恐々。海陸空の交通機関計画運休・欠航が発表され、テレビでも各家庭へ防衛策をひっきりなしで伝えています。猛烈台風が各地で甚大な被害を起こさなければいいのですが。 恐らく直撃は避けられるであろ…

ノーベル賞、そしてクイーン・オブ・スウェーデン。

ノーベル賞受賞者が連日発表され、一昨日は化学賞に旭化成の名誉フェローで名城大教授の吉野彰さんが受賞し、日本中が湧きました。そして昨日は文学賞が発表されましたが、今年も村上春樹さんの名はありませんでした。この時期、ノーベル賞でスウェーデンは…

のんびり咲こう、イージーゴーイング。

今年も残り2ヶ月半になりました。時間が経つのが速いこと。歳を重ねるほど、転がるように月日が流れていくように思えます。 今年、広げたバラのスペースに透明感のある黄色のバラが咲いています。ネームプレートを見ると「イージーゴーイング」。名前がこの…

ラプソディー・イン・ブルーが聴こえる。

赤紫のラプソディー・イン・ブルーが庭に咲いています。珍しい花の色なので、人目をひくバラ。そしてガーシュウィン作曲にちなんだ粋な名前も魅力です。 このラプソディー・イン・ブルーを見ると思い出す人がいます。2年前の6月、うちのデッキの改築工事の下…

青空の下、青いノヴァーリス。

デルフィニュームや忘れな草、アンチューサ、ベロニカ・・・ほか青い花はたくさんありますが、青いバラはないといわれています。そもそもバラには青の遺伝子がないからだそうですが、2010年 ドイツ コルデス社作出で、小説「青い花」の作者の名前からつけら…

猫 立ち入り禁止、バードレストラン。

デッキに置いているモミの木の植木箱の地面には、バードレストランとしていつもヒマワリの種を置いています。 昨日の早朝、そのモミの木の根元が黒いもので覆われていました。ん??? よーく見ると黒猫がまるでトグロを巻くようにうずくまって、眼だけが光…

まずいけど、可愛いクラブアップル。

ずっと以前にテレビで観たターシャ・テューダーの庭の映像で、初めてクラブアップルの木を知りました。名前からして素敵な印象で、小さな赤い実も可愛く、なんとなく憧れて我が家の庭にも植えました。実の数は年々多くなっているように思います。見た目、食…

魅惑の裏に要注意、バーガンディ・アイスバーグ。

香りがよくトゲもない、強靭で育てやすいということで人気のバラ、アイスバーグは我が家の庭に何本も植えています。例年より雨が多かった今年は、花は少なめでしたが、標高1240mの庭でいまだに透明感のある白い花が控えめに咲き続けています。 今年はアルジ…

バージニア・マッケンナと野生のエルザ。

1965年イギリス「野生のエルザ」という映画がありました。ケニアの草原に生まれ、親を亡くしたライオンが狩猟監視官夫婦に育てられて自然に帰るまでを描いた感動のストーリーです。映画で妻を演じたのがバージニア・マッケンナ。その女優と同じバージニア・…

サンセットグロウの仕事ぶり。

6月、庭のバラの中で我れ先に咲いたサンセットグロウ。ピンクがかったオレンジでひときわ強くいい香りを放っていましたが、今なお容姿衰えずって感じで咲き続けています。サンセットグロウが花盛りの頃、そばを通る人はみな、この香りにうっとりし、大人っぽ…

白駒池ウォーキング&登山。

ウォーキングのグループで北八ヶ岳の白駒池へ行きました。紅葉にはまだ早い時期ですが、苔むした原生林の中を「高見石」目指して40分、歩きます。道は木道などが多くあり整備されて歩きやすいですが、そこまではいいとして、さあ、標高2225mの山頂「高見石」…

お似合いの名前。

6月、7月のようにいっせいに咲き誇るというわけではないですが、標高1240mの庭ではまたまたバラが美しく咲いています。秋空の下、可憐な表情を見せているバラのネームプレートを見てなるほど・・・プリンセス・ドゥ・モナコ。花びらの淵がほんのり濃いピン…

丈夫で長持ち、ユーパトリウム。

庭に咲いて、今、目立っているのは、秋明菊、ノリウツギ、ピラミッドアジサイ、バラ、そしてユーパトリウム・コエレステナムです。このユーパトリウムに似ているのが、元々メキシコなど熱帯アメリカ産で耐寒性のない1年草のキク科アゲラタムでカッコウアザミ…

花、赤らめたノリウツギ。

ノリウツギの種類は何というのか憶えていませんが、毎年、白からピンク、濃いピンクと変化して、今、色のクライマックスを迎えています。少し前に切った枝はドライフラワーにして部屋に飾っていますが、このような赤さではなく、落ち着いたアンティークカラ…

作り物のような作物、ピッコロ。

アルジの友人の果樹園で秋映、紅玉、ピッコロの3種類のリンゴをもらってきました。そのうちの「ピッコロ」はまるで作り物のような可愛い色合いのリンゴです。そのシナノピッコロは、優良交配親である「ゴールデンデリシャス」に、比較的小さなリンゴ「あかね…

ちょい甘渋皮煮。

昨日は朝から、アルジの友人の果樹園からもらってきた栗の処理で忙しかったこと。 皮むきがタイヘンなので圧力鍋でやってみました。圧力鍋なら蒸気が出だしてたったの2分なので、茹でるより超時短。栗の頭に浅く十字の切込みを入れていたので力をかけずに剥…

採って、採ってと、栗が言う。

安曇野ICから2、30分、アルジの友人の果樹園へ。秋の収穫をさせてもらいました。7月にも桃狩りに行ってどっさり桃をいただいた果樹園で、趣味でやっているのを通り越して、あちこちから重宝がられているようです。よくある観光果樹園だと、例えばリンゴだけ…